1インチセンサーを搭載したスマートフォンの凄みを体感できる一冊

「カメラとフォトグラフィーと人」をテーマとするカメラ・写真誌「Cameraholics(カメラホリック)」の別冊として、スマートフォンで撮られた写真作品を徹底的に魅せる一冊。

作家には、写真家であり Leitz Phone 1アンバサダーの安珠、スナップ写真の名手として名高い写真家ハービー・山口という、日本のライカ使いを象徴するニ名を迎え、スマートフォンによる未発表の新作(写真)とライカカメラで撮られた作品を通して、デジカメとスマホで撮れる写真の双方向からスマートフォンのカメラについて語る。

本書の監修・メイン執筆は、長年スマートフォンAQUOSで写真を撮り続けながら、スマホ市場におけるスマホカメラの進化を体感してきた黒田智之によるAQUOS R6で撮られた写真とともに、デジタルカメラとスマホカメラとの新しい関係性や写真に関するテクニカルレポートなどもあわせて掲載する。

スマートフォンで 最高の写真を撮る

¥2,640価格