【著者】
佐藤治夫、大下孝一

 

「ニッコール千夜一夜物語」は、ニコンの光学設計者ふたりが執筆する、ニコン製レンズ(ニッコール)の開発ストーリーや性能を実写(作例)とともに解説するという人気連載。

 

ニコンの会報誌「ニッコールクラブ」に199812月号から連載が開始され、現在はニコンのウェブサイトにその場を移し続けられている。

 

かつて「アサヒカメラ」(朝日新聞出版刊/2020年休刊)では20145月から再録として休刊まで掲載されていた。

 

本書はその連載記事に加筆・修正を加え、網羅性と資料性を重視しながら再編集した、いわば“ニッコールレンズ百科”の決定版。当時の設計者が何を考えていたか、どんな写りをするのか……現役の光学設計者が専門的な見地から、わかりやすくひもといていく。

Cameraholics select『ニッコール千夜一夜物語 Ⅰ

¥2,970価格