DxOが、RAW写真編集ソフトウェアDxO photolab6、およびジオメトリ補正とパース補正ソフトウェアのDXO ViewPoint4をリリース

DxOが、AIテクノロジーを活用したノイズ除去システムを搭載したRAW写真編集ソフトウェアDxO photolab6、およびジオメトリ補正とパース補正ソフトウェアのDXO ViewPoint4をリリース


今回のDxO photolab6にはDeepPRIME XD(extreme Details)モードが搭載され、フォトグラファーのRAWファイルの品質をさらに向上する事を可能にした。


高感度ISO画像に最適なこのモードは、ノイズを除去し、見えていなかったディテールを取り戻し、鮮やかで自然な色を回復することが出来る。DeepPRIME XDはダイナミックレンジを拡大する為、低光量の状況で撮影した場合でも、その力を十分に発揮する。


DXO ViewPoint4は、画像データの部分単位での形を調整したり、修正することが可能。建物の歪みやパターンの乱れのような難しいディティールを再調整し、画像のインパクトを強めたり、バランスを取り戻すことが可能となった。


photolab6とViewPoint4 共にDXO公式サイトで30日間の無料トライアルが可能だ。気になる方はぜひ一度お試しを!



● DxO PhotoLab 6

・ELITE Edition :23,900円

・ESSENTIAL Edition:14,900円


● DXO ViewPoint4:10,900円

● DXO公式サイト https://www.dxo.com/ja/